double heart

~双子の娘達との日々、母の独り言~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チャレンジャー 

月曜は、お仕事の振り替え休日をとりました。
午後は約1時間の幼稚園の導入保育の日。

いつものお昼寝の時間に幼稚園に行くことになるので
早めにお昼寝ができるように朝から
久々に空いている近くの公園へゆきました。


何でもやってみようとする子供たちは
高所も大好き。
こ~んな高く、そして急傾斜のスライダーのある遊具。

今の二人なら・・・無謀な遊具にも挑戦してしまいそうで
怖くて最近は避けていた場所だけれども・・・
迷いながらも・・・向かいました。


20081027 akuro1

怖さは遊具の横から見ても角度がよくわかります。
滑り台は・・・ほぼ直角で バンジー状態じゃないのかと思われ・・・



20081027 akuro



最初はとなりに設置されている幼児向けでちまちまと遊んでいた二人も。
だんだんと高いところまで上っていって

気がつけば直角のスライダーの上に立っているけいを発見!!

今にも滑りそうな直角の滑り台。
崖に立っている子供を見つけたようで・・・
奇声をあげて駆け寄ったのは言うまでもありません。
心臓が縮みあがりました^^;

でもさらに子供たちは上に上り・・・天辺から
小学生の男の子と思われる集団に混ざって
くるくると・・・・すごい形相で滑り降りてきたのはこれまた言うまでもなく。


こわい~(泣) 2歳9ヶ月・・・

大丈夫かしら・・・
私としては、小さな子供さん達がお砂場で砂遊びをしている光景を見て
とてもほほえましい気持ちになるのだけれども

わが子たちのたくましさが、むしろとても恐ろしいのです。


そして・・・・・

遠巻きに熱いコーヒーで寒さをしのいで休憩をしている私の耳に

「おか~~ちゃ~ん オシッコもらしちゃったの~~」のけいの声。
「おか~~ちゃ~ん、けいちゃんオシッコがでだって~~」とゆうの声。


けいはトレーニング1ヶ月でオムツがとれ、以来一度もお漏らしをしたことがない
お尻の堅い娘。
よほど・・・・夢中になったのでしょう。
あまりにも楽しすぎたのか?


この日・・・風も強くて寒かったものね。^^;



この公園、こんな危ない印象のものばかりではなくて
もちろんアスレチックの要素もたっぷりと盛り込まれており
遊具の中には大きなシロフォンや太鼓などなど
触っても楽しい遊具が満載。

あくろ公園




子供もチャレンジャーだけど
そのチャレンジャーな子供たち二人を
連れて行く母親の方がチャレンジャーだと
主人。

チャレンジャーというよりも
怖いもの知らずの母娘なのでしょう。






bana.gif★ランキングに参加しています^^クリックして頂けると嬉しいです♪




スポンサーサイト
[ 2008/10/28 13:41 ] 双子のまいにち | TB(0) | CM(16)

靴選び 

一年前の靴・・・
昨年の秋ころにはいていたfas
14センチがとても小さく思えます。
思い出の靴たち


だんだんと
成長している二人。

先日、裸足指導の保育園に通う子供たち。
裸足で14.5センチだった足も窮屈になってきて
新しい靴を購入しなければならなくなりました。

我が家のシューズクローゼットは
私の靴で殆ど埋め尽くされ・・・新たに
成長ごとにはきこなしてきた思い出の靴たちは
置き場がなくなってきました。

ファーストシューズから数えて 12足も。
二人分24足も靴があって。

それぞれに名前が書いてあるので

ふたりは
「ゆうって書いてあるからこれ、ゆうちゃんの!」
「けいって書いてあるからけいちゃんの!」

すでに ゆう と けいの文字は見逃さない。
着替えを間違えたら

これゆうちゃんのだよ? なんて指摘されたりして^^;
絶対にゆうのものをけいが着ることはありません。


そういう子供たちの使わなくなった着替えや靴。
ふたりの名前入りのもの・・・捨てることができなくなってしまっています。
かわいそうな気がしてしまうのは親ばかの証拠。

シューズクローゼットの中にいつまでも置いておくわけにも
行かずに年末までにはファーストシューズ以外は
整理をせざるを得ません。

なんだか、寂しい。



と同時に新しいサイズの靴を探しています。


けいの足は少し土踏まずが甘いような気が
していますので、外遊びの多い園生活では
一人ではきやすく、甲の高さの調節が効くものを。
子供の足のことを考えたシューズを多くしています。

されど・・・足。
リシェスの靴もデザインでとても気に入っていますが・・・
ジャングルジムを駆け上がるような運動向きのものではなく
履き心地を考えると△です。



・・・とまぁ、毎回毎回、靴選びには時間をかけてしまいます。

しかもけんかすることがないよう、同じ色の同サイズ。
気に入ってもなかなか揃えられない。


ぷーちょこさんの片足ずつというの苦肉の策も案外いいアイデアかも^^


bana.gif★ランキングに参加しています^^クリックして頂けると嬉しいです♪

[ 2008/10/24 11:27 ] 双子のまいにち | トラックバック(-) | コメント(-)

微妙なズレ&子供たちのおもちゃ 

けい:「おかーさん、テベリつけて~~」

ゆう:「けいちゃん、テベリじゃないの!テビレ!!」

けい:「テビレじゃないの!テベリ!」

ゆう:「ちがうーテビレ!」 


延々とこんなやりとりを繰り返しているうちに
なぜかしら・・・二人とも泣いてしまうのでした(笑)

最近、我が家もご他聞にもれず、楽しい楽しい会話をしてくれる娘達です。

***************************************


先日のこと
シュトックマー社の
蜜蝋のクレヨンを購入しました。

シュトックマー


先月、あるきっかけでブログで知った
シンプリィ・ショップさん。
オーナーのMaSakiさんのブログもとても素敵。
こどもデザインと遊びの森

オモチャ箱を除いてみたいような衝動にかられてしまって

いてもたってもいられずに
ある平日の昼間に、ショップにかけこんでしまいました。
仕事中に抜け出して・・・・(笑)
この行動力、他に活かせないかしら^^;


素敵な店主さんのブログも心をくすぐられて・・・

ブログを通してですけれども
この出会い、大切にしてゆきたいと思います。

お店にいくと、あれもこれもほしくなって。
今は一番、店主さんお勧めの積み木。

もうそんな月齢ではなくなっているのかもしれないけれども
今一番ほしいもの(笑)



さて、購入したクレヨンは
子供たち以上に私がとても気に入った消しゴムの様な‥‥デッサン用の様な形のもの。

グラデーションも綺麗に塗れそう。

力加減がまだ上手ではない子供たちも
この形でさまざまな使い方をしてくれます。

お絵かきはもちろんだけれども
ゆうは積み木を縦に7つ積み上げ
けいは・・・ドミノを

と、こんな使い方もしていますれど。
お絵かきだけの遊び道具とならないのもまた楽しい^^
このクレヨンの形の魅力でもあるような。


他にもお店の方にお勧めいただいた
セレクタ社のバラエティランド
ドイツ語では・・・ファリアラント?

バラエティランド


80枚の完成形のないパズル。
セレクタ社の『バラエティランド』はパーツ自体が独立した木製絵カードなっているので、その子どもの思いどうりにパズル遊びを楽しめます。

子供たちはまず、女の子を動物ばかり並べて・・・動物園!と言っていましたけれど。
少しずつ物語を教えてくれるようになるのでしょうね^^楽しみです。






bana.gif★ランキングに参加しています^^クリックして頂けると嬉しいです♪
[ 2008/10/14 12:49 ] 双子のまいにち | TB(0) | CM(22)

秋の夕暮れ 

秋の夕暮れ1

秋の気配を身体全体で感じるのが好き。

朝晩の透き通った空気を肌で感じるときに
あぁ秋なのだなぁと実感しています^^


そして、さまざまな秋を感じた五感が次々と反応して
頭に蘇ってくるのです。

真っ赤な夕日が沈む風景を目の当たりにして
何か・・・神々しさを感じたり
美しい光景に遭遇すると
思わず、合掌したくなってしまいます(笑)


ススキの群れが風でなびいているのを見て小学生の頃に
下校時にススキを摘んでは道路を掃いていたりしたころの
記憶が蘇ってきたり

裏庭の金木犀の香りが部屋に漂ってくると
学生のころの
中学の教室の窓辺に立つと
金木犀の香りで満たされていたような・・・
そんな懐かしい思い出にふけることがあったり

空気が澄んでいてより一層月が美しく見えるのも
やはりこの時期。


秋はしんみりと
静かにやってきて
静かに去っていくよう。
何となく・・・そう感じるだけすけれど
物悲しさや寂しさも一緒に連れてきては
次の季節にバトンタッチするころにはちゃんと・・・連れ去ってくれます^^


大好きな大好きな季節です。

とんぼが多く生息する沼地。
とんぼはすでに眠っていました^^


振り返りざまのシャッター。ピンボケですが・・・
しばし時間を忘れてしまいそうになりました。


秋の夕暮れ1

[ 2008/10/14 12:34 ] 私のこと | トラックバック(-) | コメント(-)

秋の便り・・・コスモス・・・ 

昨年は満開の一番よい時期に見逃してしまったコスモス畑。
今年は待ちきれずに、早めに一人・・・行ってきました。


コスモス畑

一面が綺麗なピンクの絨毯・・・・・
何となく、童心にかえって、花畑の中で寝転びたい衝動に。

うす曇の冴えないお天気のこの日。薄紅に輝くコスモスの群があたり一面、覆い尽くしており、曇り空とのコントラストが相乗効果となり何とも絶妙なバランス。目に焼き付けて参りました。



一方、同じ日に自宅に戻ると、義理の母が、家庭菜園をしている畑で沢山咲いていたのよと
コスモスを束ねて持ってきてくれました(笑)
う~~ん、こちらも負けず劣らず美しい。


コスモス2



・・・・決して、コスモス畑から摘んできてはおりません・・・




[ 2008/10/09 06:37 ] 私のこと | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。