double heart

~双子の娘達との日々、母の独り言~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

靴選び 

一年前の靴・・・
昨年の秋ころにはいていたfas
14センチがとても小さく思えます。
思い出の靴たち


だんだんと
成長している二人。

先日、裸足指導の保育園に通う子供たち。
裸足で14.5センチだった足も窮屈になってきて
新しい靴を購入しなければならなくなりました。

我が家のシューズクローゼットは
私の靴で殆ど埋め尽くされ・・・新たに
成長ごとにはきこなしてきた思い出の靴たちは
置き場がなくなってきました。

ファーストシューズから数えて 12足も。
二人分24足も靴があって。

それぞれに名前が書いてあるので

ふたりは
「ゆうって書いてあるからこれ、ゆうちゃんの!」
「けいって書いてあるからけいちゃんの!」

すでに ゆう と けいの文字は見逃さない。
着替えを間違えたら

これゆうちゃんのだよ? なんて指摘されたりして^^;
絶対にゆうのものをけいが着ることはありません。


そういう子供たちの使わなくなった着替えや靴。
ふたりの名前入りのもの・・・捨てることができなくなってしまっています。
かわいそうな気がしてしまうのは親ばかの証拠。

シューズクローゼットの中にいつまでも置いておくわけにも
行かずに年末までにはファーストシューズ以外は
整理をせざるを得ません。

なんだか、寂しい。



と同時に新しいサイズの靴を探しています。


けいの足は少し土踏まずが甘いような気が
していますので、外遊びの多い園生活では
一人ではきやすく、甲の高さの調節が効くものを。
子供の足のことを考えたシューズを多くしています。

されど・・・足。
リシェスの靴もデザインでとても気に入っていますが・・・
ジャングルジムを駆け上がるような運動向きのものではなく
履き心地を考えると△です。



・・・とまぁ、毎回毎回、靴選びには時間をかけてしまいます。

しかもけんかすることがないよう、同じ色の同サイズ。
気に入ってもなかなか揃えられない。


ぷーちょこさんの片足ずつというの苦肉の策も案外いいアイデアかも^^


bana.gif★ランキングに参加しています^^クリックして頂けると嬉しいです♪

[ 2008/10/24 11:27 ] 双子のまいにち | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。