double heart

~双子の娘達との日々、母の独り言~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本 


全く読書の時間がもてなくなった最近。
仕事への往復の電車の中だけが唯一の読書の時間となっています。


基本ミステリー小説が好きな私。
最近は
イエスの古文書(アーヴィング ウォーレス)を読みました。
30年前に書かれた小説ですが、ダヴィンチコードよりも完成されている感じ。

そこそこ面白かった。
何より単行本なので、朝の通勤ラッシュ時にもバックの中でも
邪魔にならずに読みやすい。

仕事の仲間に貸したまま返って来なくなりましたがおすすめです。
その仕事の仲間から借りた本・・・

「生かされて」ノンフィクションなので、あまり好んでみたいとは
思いませんでしたが、ルワンダで起こった大量虐殺で生き残った女性
イマキュレー・イリバギザ が書いた本。
20070305123505.jpg



感動でもなく、「人間」として考えさせられる本です。
胸を痛めてしまう場面が何度もあり、避けられがちな本なのかもしれませんが、読み終わってからは少し人生観も変わりました。
日本人として、平和な世の中に生まれた私達には考えられないことが
このルワンダで起こっていたのです。
十三年前に・・・耳にはしていたこともあまり非現実的なことにしてしまっていたこと。
こんなにひどい虐殺が行われていたなんて・・・
私達平和な社会に住む日本人こそ、一度は読まなければならない本だと
思いました。

・・・とはいえ・・・・胸が締め付けられる様な思いとして心に残ってしまいましたので、沈みましたけど。






bana.gifクリックお願いします^^



[ 2007/03/01 12:37 ] 私のこと | TB(0) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。